RWBY:レモン

あなたは読んでいる


RWBY:レモン

ファンフィクション

これは女性のrwbyキャラクターの男性読者向けのレモン本です

シンダーフォールココアデルグッドウィッチハーレムジャネアークjnprkalibelladonnaレモン男性ノラヴァリエールオックスピンピラニコスレイヴンブラウェン読者rubyroserwbyルビレモンサマーローズベルベット白い雪冬の雪陽x龍



干支の分隊

変態勉強会

12.9K 98 85 Writer: stevethealbino によってstevethealbino
沿って ステベテアルビノ フォローする
  • メールで共有
  • レポートストーリー
友達に送るシェアする
  • メールで共有
  • レポートストーリー

ブレイク男性リーダー

女性を黙らせる方法

うん、この一人の少年たちのために図書館にいましたが、今回は私たちをけいれんさせませんでした。


あなたのPOV

ファックスクール。教授のポートの教室で机の上で頭を叩き始めたとき、私は言いました。私がこれを行う理由は、先週のテストの結果を見つけたばかりだからです。しかし、テストで単一のことを理解できないのは私のせいではありません。ポートは本当に私たちに何も教えさえしません本当に覚えているので、彼はそれを前に言及したかもしれません。しかし、私が質問を理解するのを手伝うことについてポートに尋ねるときはいつでも、彼は彼のスピーチをより詳しく見るように私に言って、理解しません。しかし、先週のカーディンでの出来事の後、私はトラブルに巻き込まれることができないので、私の脳が言っていることに反対し、彼の教室を去ることにしました。


港の教室を出た後、私は胃がうなり始めたとき、何をすべきかわからないビーコンの周りを歩き始めました。 「まあ、昼食の時間だと思います。」カフェテリアに向かってゆっくりとジョギングを始めて、ペースを速めたと言いました。 5分後にやっと到着しましたが、私の精神が落ちた食べ物を得るのを待っている人々の列に私の目が着いたとき、私はとても空腹でしたが、列に並んで待つことはできませんでした。ちょうどその時、私は感じました。肩をそっとたたくと、振り向くと、胃の問題を忘れさせてくれた一人の人が見えました...バルケベラドンナ。チームRwbyのCatファウナスは、学校の初日にお互いに出会って以来、私の親友でした。私はバルケが彼女の隣に置かれた小さなろうそくで本を読んでいるのを見つけました。だから私は私がキュロア人であり、一人で座っている美しい少女に気づいたので、私は彼女のところへ歩いて行き、彼女に自己紹介し始めました。

仮想村人の起源2アンビル

ねえ、私はあなたを悩ませていないことを願っています、私はあなたがどんな本を読んでいたのだろうと思っていました」恥ずかしい思いで頭の後ろを掻きながら、目の前のカラスの髪の少女とのアイコンタクトを避けようとした。 「ああ、読んでみたい?」彼女は私の目をじっと見つめて、私がst音の混乱になったことをさらに緊張させたと言った。 「うーん、うーん、うーん、ええ、正直なところ、私はただc好奇心is盛です。」最後に、私の目の前にいる少女の視線に目を向けました。新しい友達を作るチャンスを台無しにしたのではないかと心配していましたが、レイヴンの髪の少女の口から軽い笑い声が聞こえると安心し、ため息をつきました。 「大丈夫、それはまさしくその2人の魂を持つ人についてです、それ故に名前」。彼女は読んでいる本のタイトルを見せてくれと言った。その後、会話はすぐに厄介な沈黙に変わり、私たちはお互いの前にいるだけでした。しかし、彼女が読んでいる間に彼女を中断したことを謝罪しようとしていたとき、私は彼女の後ろに別の女の子を引っ張っていた背の高いブロンドの髪の女の子に邪魔されました。ヘア。


巨乳の金髪の陽気な声が、彼女が私の前に立ち、黒髪の少女に向かって歌った。ブロンドはやがて自分自身をヤンと紹介し、もう一人の女の子は妹のルビーであることが判明しました。ヤンはその後、彼女と彼女の妹と、ブレイクと自己紹介した黒髪の少女との会話を始めました。私がやりたかったのは、ブレイクと話をすることだけでしたが、もちろんラムはイベントを異なる方法で作成する必要がありました。しかし、ブレイクと友達になりたいという希望をあきらめようとしたとき、何かが起こりました。ヤンがブレイクと話していたとき、白い髪の長い女の子がひざまずいていると言うことができたが、意地の悪い態度でヤンと彼女の妹に話し始めた。シュネーが二人の女の子に大声で叫び始めたとき、私はイライラしているように見え、ちょうど彼女の本を読みたいと思っていたブレイクのドーバーをちらっと見ました。

物語は下に続く

プロモートストーリー

あなたも好きになる