Bnha Oneshots

あなたは読んでいる



Bnha Oneshots

ファンフィクション

リクエストは終了しました!タイトルはそれをすべて言います!これらはすべて読者シナリオなどです。ミネタもステインもないほとんどのキャラクターのリクエストも受け付けますが、ごめんなさい。リクエストが開いたら、受信トレイにリクエストをドロップしてください。 @Sopherloaferの功績

相沢ベリー類青山bnhaファンフィクション綿毛タカkatsukiMHAmidoriyamirio僕のヒーローアカデミアワンショットshinsoushojiてんやtodorokiyaoyorozu



Shinsou Hitoshi Reader: Jealous

39.7K 1.1K 742 Writer: Hungry-Writer ハングリーライター
沿って 空腹作家 フォローする
  • メールで共有
  • レポートストーリー
友達に送るシェアする
  • メールで共有
  • レポートストーリー

シンソのシナリオがフェムで要求されました。読者^^このワンショットでは、読者は自由に嵐を作成することができます。楽しい!

しんそう!これ見て!」あなたは興奮して、頭の上に浮かぶ小さな雷雨を指して言った。雲は暗く、小さな雨滴が床に落ち、髪を湿らせました。シンソウはあなたに親指と小さな笑顔を与えました。


古い漫画y / nの嵐のようなものです。あなたが嵐を完全に止めることに集中している間、彼はコメントしました。やがて雲は消え、あなたは自分の手仕事に微笑みました。

体育祭の後、あなたは毎日新装でトレーニングをしていたので、もしかしたら二人ともヒーローコースに移れるかもしれないと思っていました。あなたはいつも小さな嵐を作ってウォームアップし、そこからそれを取る。あなたが作成した最大かつ最も暴力的な嵐は偶然に起こりましたが、それはジムの窓を粉砕し、真宗はあなたが徹底的に謝罪した複数のあざを手に入れました。

ちょっと新総、あなたはまだヒーローの名前を考えたことがありますか?」紫の髪の少年に尋ねると、彼は頭を振った。



私が持っています!私は天気の英雄、母なる自然と呼ばれたいと思います。どう思いますか?'

うーん、それは実際にはかなり良いです。しかし、どのようにして確実に転勤するのですか?人々は私たちを募集するために私たちのドアを正確に破壊していません」

あなたは彼に微笑んでウインクしました。 「それは決して彼らが決してしないという意味ではない!」

そして彼らはやった。少なくともあなたのために。

ブラッドキング、イレイザーヘッド、および根津校長は全員、あなたとクラス1-Aへの移行について話し合うためのミーティングを行いました。

さて、あなたの強力な癖のために私たちがあなたを移すだけではないことを知ってください。成績も重要なので、1-Aで成績を維持する必要があります。根津は言った、そしてあなたは猛烈にうなずいた。

もちろん根津校長!最善を尽くします。」

あなたは良い。」イレイザーヘッドは疲れた声で言った。

私は消しゴムになります-」

相沢と呼んでください。」

はい、相澤先生!」

アブドラ・ショアイブによるかなり醜い詩

ああ!これはとてもクールです!!消しゴムは私の先生になります!男、私は新装に話すのが待ちきれない。

君が最後に手を振ったとき、ブラッドキングは涙を抑えているように見えた。 「ブラッドキングを教えてくれてありがとう」

それは私の名誉でした」彼は返事をした。会議の後、学校周辺で相沢をフォローし、ヒーローのコスチュームのロジスティックを作成する必要がありました。翌日は、ヒーローコースの学生としての最初の日です!

...

あなたはクラス1-Aのドアのそばに立って、あなたの急速な呼吸を制御しようとしました。もちろん、あなたはクラス1-Aに会うことに神経質でした。スポーツフェスティバルで強い印象を与えていたからです。彼らがあなたが弱いと思ったらどうしますか?

心配しないで。とにかくそれらのほとんどは無害です。」疲れた目であなたを見下ろすと相沢は言った。あなたは彼が1-Aの学生をどのように保護したかについて聞いていました、そしてあなたは彼が言わなければならないことに対して最大限の敬意を持っていました。 「彼らはあなたがここにたどり着くために一生懸命働いたことを知っており、彼らはそれを尊重します。」

ありがとう。良い印象を与えようとします。」あなたが言った。相沢がドアを開けると、何人かの生徒が大声でささいな話をしているのを聞いた。相沢は彼ら全員に静かになるように言い、彼はあなたに向かって動いた。あなたは息を吐き、新しいクラスメートと話をしました。

こんにちは、私の名前はy / n l / nです。皆さんにお会いできてとても嬉しいです。クラスに転校できたことを嬉しく思います。」微笑みながら頭を少しお辞儀すると言いました。

プロモートストーリー

あなたも好きになる